スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手紙・・・

初恋の人からレオママさんへお手紙が届きました。



レオママ、元気?
もう彼氏にメガネをかけさせる衝動は治まりましたか?
メガネをしてなきゃ男じゃないと言っていたレオママをなつかしく思います。

レオママが「他に好きな人ができた。私がいなくても大丈夫だよね!」と
勝手なことを言って消えてから、もう25年が経ったんだね。
月日が流れるのは早いものです。

この手紙を書いたのは、特に用事や理由があるわけではないんだ。
ただ昨日友達と会ってレオママの話題が出たから、
ひさびさに思ったままでも何か書いてみようと思って。
びっくりさせたかな。

今あのころの付き合いをあらためて考えてみると、
ひどい恋愛をしていたなぁと思います。
基本的にモテたし人気者だったレオママに対し、
おれは地味で日陰の存在だったから、
いつもジトジトして迷惑をかけていましたね。
おれに「堂々としてよ。いいところもたくさんあるんだから」と
勇気付けながら、だんだんと距離を置いていったレオママが今でも忘れられません。

そういえば、レオママにとって、おれが初恋の相手だったのかな?
いきなり付き合った瞬間に
「付き合ったらHしなきゃいけないの?不安なんだけど」と言われ、
返答に困ったのを覚えています。
考えていることがそっち方面ばかりなのは、今も変わっていないのでしょうか?

まだ付き合い始めたころ、
レオママは気分が盛り上がって「いつか必ず結婚しようね」
って言っていましたね。
おれは適当にごまかしたけれど、嬉しそうなレオママの顔を忘れません。
後先考えずにそういうことが言えてしまうところもレオママらしいですね。

レオママとの恋愛から得たものが何なのかなぁと振り返ると、
たくさんのものがあることに気付かされます。
特に、やや性格がキツめで男勝りな人をなんとか
受け流していくという方法を学べたのは収穫でした。
どうもありがとう。

いろいろ書いたけど、おれはレオママが大好きでした。
これからもレオママらしさを大切に、
あと、Gカップになるという夢もそのまま追いかけながら(笑)、
新しい誰かと幸せになってください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. レオママがくれた霊魂が宿るとかいう石、そろそろ捨てていいですか?

ぐっさん。のところでやってたので・・・
レオママも今 流行の 初恋の人からの手紙 をやってみました

レオママさんについての分析結果は以下の通り。



【短評】
愛情の受け取り上手。
男性に愛されやすいが、男性から見ると悪魔的。
笑顔で人を傷つけることも。

【あなたの恋愛事情を考察】
レオママさんは、その振る舞いや雰囲気は、
男性から好まれるものです。
簡単に言えば、喜ばせてあげたいタイプ、
何かしてあげたくなるタイプ、だと言えるでしょう。
勝手に「いい子」だと思われている場合もあります。

しかし男性に対しては百戦錬磨で、
また男性の汚い部分にも触れやすいタイプでもあるので、
その雰囲気とは違い実に冷めた一面を奥底に秘めています。
愛されて保護されているような雰囲気の中、
いつのまにかレオママさんが男性側を振り回して
傷つけているということも大いに有り得るでしょう。

レオママさん自身、実は自分は冷たい人間だとか、
みんなが思うほどいい人ではない、などと感じているかもしれません。
もっと自分の本質を理解してほしいと感じているのですが、
なかなかその欲求は満たされないことでしょう。
本質、本当の自分、という考え方自体が実は空虚で厄介なものなのですが。

ここから言える、レオママさんにありそうな問題点を列挙します。

◆好かれても、気持ちがときめかないことが多い。
◆恋愛の進展中に、急にわがままを言いたくなる。悪い女になりたがる。
◆突然、恋愛を終わらせたくなりやすい。

【もっと上手な恋愛のために】
そういうタイプになったのはなぜなのか、
もっとモテるためにはどうすればいいのか、
もっと恋愛上手になるためにはどうすればいいのか、
どう考えればいいのか。恋愛の疑問は尽きないと思います。

恋愛を深くまで知るのと知らないのでは、
その後の人生の豊かさに大きな差があると思っています。
なんとなく恋愛をしているだけでは、同じことを繰り返すなど、
成長速度に限界があります。
そして、恋愛できる時間は、実質的に限られています。
経験を積み重ねているだけではあっというまに時間は過ぎるのです。



ついでにレオパパにも手紙が届きましたっ!

初恋の人からレオパパさんへお手紙が届きました。



レオパパ、ひさしぶり。
今でもカブトムシを育てていますか?
なぜか幼虫からメスしか育たない残念なレオパパをなつかしく思います。

人の気持ちを考えないレオパパが「女もやりたくて付き合ってるんだろ?」
などと失言してお別れすることになったあの日から、もう33年が経ったのですね。
月日が流れるのは早いものです。

お手紙を書いたのは、何か伝えたいことがあるとか用事があるとかではないんです。
ただなんとなく学校の前を通ったらなつかしくなって、
思いつくままに書いてみようと思い立っただけなんです。ふふ。

思い返してみると、いつも恋愛の主導権を握っているのはレオパパのほうでしたね。
何を言っても言いくるめられたし、いつも夜に電話して泣かされていたから、
寂しくて5人ぐらいキープをつくっていたような記憶があります。
そういえば何を勘違いしたのか「おまえにはおれがいないとダメなんだよな」
なんて言っていましたね。
それを伝え聞いた学校の女子全員が爆笑していたのを覚えています。

そういえば私にとっては9人目の彼氏でも、
レオパパにとっては初恋の相手なんですよね!今思い出した。
そうそう、最初のころのレオパパは「元カノからまだ連絡がくる。めんどくさい」
なんて嘘ばっかり言ってて(笑)。
妄想もそこまでいくかとこっちが恥ずかしくなったものです。

付き合いはじめたころ、レオパパはいきなり
「おれはおまえを最初で最後の女にするつもりはない」って言っていましたね。
そういうことを平気で言えてしまうところ、
今でもきっと変わらないんだろうなぁと想像すると、
少し今のレオパパの人間関係が心配になります。

レオパパとの恋愛から得たものが何なのかなぁと振り返ると、
たくさんのものがあることに気付かされます。
警戒すべき男性の見分け方などは、
レオパパのおかげで実践的に身に付いたのだと、日々実感しているところです。
どうもありがとう。

いろいろ書きましたが、私はレオパパが大好きでした。
これからもレオパパらしさを大切に、
あと当時本気でやっていたパントマイムの練習は続けて(笑)、
いつか幸せになってください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. 付き合うとすぐ彼女をプールに誘うらしいですね。噂で聞きました。


・・・オイオイ (;^◇^)ノ~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ イテッ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。