スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジリティー練習会・・・

「ペットカイロ・・・翼編」

といきたいところですが・・・金銭面の都合上ありませんです。
翼ごめんなさいね~(>_<)

ペットカイロの他にちゃんとアジリティー練習会も参加してきたのですよぉ~♪

8月30日(土曜日)はJP1~AG3までのアドバイス付き練習に参加。
翌日31日(日曜日)はJP2とAG2の競技会式に参加!(←無謀すぎる!)
この日はパパも同行して貰えました。

JP2の一走目は・・・パパのミスでなし。
JP2のリトライ(アドバイス付き)+隣のフィールドから乱入者あり

JP2(リトライ)

ジャッジが盾になってくれたので良かったです

続きまして・・・無謀にもAG2の一走目です

AG2

雨上がりのため地面が滑りやすくてぇ~~(言い訳気味・・・・)

最後にAG2のリトライ(アドバイス付き)

AG2(リトライ)

これからの課題がたくさん見つかった練習会でしたっ

パパも楽しい思い出が出来たので参加して良かったです
スポンサーサイト

ペットカイロ・・・レオ編


「ペツトカイロ」で今回本命のレオを触診して頂きました。
開口一番「この子ヘルニアでないよ!」

20140831カイロ前のレオ

やっぱり・・・と思うのは
動物病院でレントゲンを撮って先生から確認してもらったのですが
どうもヘルニアによくある影が見るからにない!
でも飼い主の私たちからの問診ではヘルニアによくある症状。
で・・・獣医さん曰く「ヘルニア初期ではないでしょうか?」と診断され
なんだか曖昧で・・・なんだか納得がいかない・・・
もやもやしていたのが今はっきりしました!

20140831カイロ中のれお

しばらくして「わかった!!!」

「この子筋肉疲労を起こしてる。
それでその痛みを補うために膝にきて歩きたがらないんだ。
結構な筋肉疲労だね・・・前の子(姫の事)の方が症状が重症だけど。」

筋肉疲労と言われ思い当たる事・・・
レオが6歳半までハウス犬でもともとそんなに走る仔ではなく、臭い嗅ぎ専門でした。
そんな6歳を過ぎてから、しつけ教室に通いだし一緒に楽しめるアジリティにハマリ・・・
走る仔でないのにしつけ教室以外でも自主レッスンを
パパとママで朝晩始めたりでご褒美欲しさにレオも無理していたのではないかと・・・
そのころは6キロという体重もそのころありました・・・
ご褒美のためらな・・・ってレオも一生懸命に頑張ってくれていました。
急な運動と無理が重なってしまったのだと思います。


レオも痛いところを触られているのか
カイロの先生にガウる事数回(>_<)
それを抑えようとしていた私の声がこだましていたとか・・・!?

少しよくなってきたけどやっぱり数回続けなければいけない・・・
やっぱり早く新潟に来て欲しいなぁ~~アニマルカイロ!!!

ペットカイロ・・・姫編

8月末に群馬でアジリティー練習会場にて
噂に聞いていた 「ペットカイロ」
体験が出来るとあったので・・・
是非レオのヘルニアと診断されたところを見てもらいたい!!

そんな話をしているうちにアジリティをしている姫を触診。
そしたら・・・なんと姫の方が重症Σ(・ω・ノ)ノ!

20140830カイロ前の姫-2

左膝が脱臼していてそれをかばって右膝の関節を
自分で外したり入れたりを繰り返している。
背骨が曲がっているからこの子は真直ぐ
歩いていると思っているけど実際はくねくねと歩いてる。
(思い当たるところしばしば・・・)
だから疲れやすいとこもあるよー(おっしゃる通り・・・)
このままほっといたらアジリティーの大事なジャンプが出来なくなるよ。

20140830カイロ前の姫横-2


えぇーーー!!!!!

って事で即座に姫をアニマルカイロして頂きました。
緊張気味で表情が固い姫でした。
お散歩しているときいつも姫って女のこなのにガニ股だなぁ~
って思っていたのが次の日の朝にはガニ股ではなかった!

20140830カイロ後の姫

すっごーーい(*‘ω‘ *)

是非こんどは新潟に来てほしいです・・・
さてレオの診断は???

抜糸しました・・・

切除手術をして10日後に抜糸を予定通りに済みました。
4本抜いて貰うのに二人ががりでレオを押さえ
ママを見る眼は・・・とても切ない感じでした。

そして病理組織検査報告書というモノを頂きました。

腫瘍の検査結果↓
「基底細胞腫」・・・???

上皮性の良性腫瘍性病変が認められました。
腫瘍境界は明瞭で取り切れており、悪性所見はありません。 (ヤッター!!)

隆起部真皮から皮下に及ぶ充実性腫瘤が形成されています。
・・・・などなど専門的な内容が記載されておりました!
顕微鏡写真も添付してあり、ド素人の私にはチンプンカンプン(>_<)

20140901レオの傷痕

いずれ取らなければならないのなら若いうちに!
・・・と私たちの考えですが
痛くも痒くもないものだったのでこれで良かったのかといつも自問してしまいがち・・・

それでもまたまた一週間は抜糸の後をなるべく濡らさないようにと言われ
なんとかお散歩時間に雨にあたることなくこれまで
運がよかったのか・・・時期がよかったのか・・・

20140901レオの笑顔

その後のレオと言ったらとっても「わがまま」になってしまいました!
まぁーパパもママもお手上げなくらい。。。
でも元気がなによりだから仕方がない(←でいいのか!?)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。